PC、セキュリティ、日記、その他雑記。

大人の落書き帳

スロット

期待値は絶対なのか。残り4カ月の番長との向き合い方。

投稿日:

期待値は絶対なのか

パチンコスロットにおいては、この答えは人それぞれで正解はないと思う。
分散が大きい台とそうでない台があり、同じ期待値(機械割)だとしても、実際の収支(出率)の荒れ具合が全然変わってしまうからである。

・ノーマルタイプの機械割104%とART,AT機の機械割104%
・時給1500円の羽モノと甘デジとミドル

同じ期待値でも分散が全然違うので、収支の荒れ具合は変わってくる。非等価地域だと持ち球遊戯の比率にも関わる。

数打てばある程度収束するなんて話もあるけど、ピン稼働している人のレベルだと毎日一生懸命稼働しても、荒い台の収支は月単位だと中々収束しずらいし、年単位でも収束しないこともある。(しないとは言わない)

ピン専業の人がノーマルタイプメインの人が多いのはそういった理由である。
パチンコスロットを打つ目的は人それぞれなので、目的に見合ってリスクを取りつつ台を選ぶでべきである。

設定狙いの稼働期待値ついて

これは正確に期待値を算出するのは難しいが、意識はすべきである。
・設定の投入割合
・ツモ精度
・低設定域の甘さ
・設定判別の難しさ
・ライバルの多さ
etc…

実例(某所)

番長6台設置のお店で、毎日1-2台設定5が入るとする。残りは設定1だと仮定。
1の機械割は98%で5の機械割は116%なので、単純に全台埋めて同じ回転数回した場合の出率は1台設定5がある場合は101%。2台設定5がある場合は104%となる。
(Aタイプじゃないので、実際の計算はそう簡単ではないと思うけど、細かい条件は置いておく)

実際には低設定を終日打つことは少ないし、設定投入傾向なども推測しながら台を選ぶし、残りが全部設定1という訳でもないので、稼働期待値(出率)はもっと高くなる。

番長に脳をやられてしまった人からすると、この環境はとても良い環境だと思う。
その環境に身を置いて、数か月番長を打ったのだけど、残念ながら自分は結果を出すことが出来なかった。
8-9月の番長3の収支が104hで-17000枚程である。

終日回して設定不明のまま終わることもあったので、実際どれぐらい下振れたのかは良く分からないが、少なくともプラスで終われるぐらいの確率では座れてはいたと思っている。

ただ、分散が大きい台なので下振れを起こせば収支はより荒れてしまう。
1でも上振れれば万枚まで見える台だし、5でも下振れすれば-5,6000枚は見える台なので仕方がないのである。

果たしてこの環境は本当に優秀なのか

番長の設定5は見切りが難しくて、展開が良ければ早くに判別出来ることもあるが、終日打っても設定不明で終わることがあるぐらいで、低設定を打つ時間が長くなってしまう可能性が高い台である。

ただ、最低1台あるという前提のもと立ち回る場合に、1台見えたら撤退するという立ち回りが出来るのでこの辺は少しはカバーできているかなと思う。

そうなってくるとツモ精度の話になってくる。感覚的には1/3ぐらいの精度で座れるならアリだと思う。
当初は投入傾向が分かりやすく、狙いの精度が高かったが、中々傾向が読み切れなくなっているので、1台しか入ってないと結構厳しいという結論。

でもこの環境で厳しいってなると、もう他店で触れないよなぁ。
単品判別せざるを得ない環境は精度が高い事、精度が下がるに応じて並びやら末尾やら横判別が出来る事ってイメージですかね。

番長にやられすぎてこんな意味不明な投稿をしてしまう自分が憎い。
絶頂対決の演出を考えた開発者が憎い。

番長撤去まで残り数か月、果たして万枚を出せる日は来るのだろうか。

昨年、番長2時代から触らずに過ごしてきた番長シリーズだったのに、何かの拍子に番長3を初打ち。
絶頂対決の演出に魅せらた後に、設定5でタコ負けを繰り返し、万枚出したら番長は引退。
そう決めて1年以上が経ちました。

来月も取るべきところではリスク取っていきます(病)。カカカカカ。

-スロット

Copyright© 大人の落書き帳 , 2021 All Rights Reserved.